媚薬と図鑑の画像

媚薬は古くはリンゴもそういわれたりしましたし、プラセボ的な効果が大きい側面もあります。また、ウソの情報も多く出回っているので媚薬と聞くだけで胡散臭いと感じる人も少なくないかもしれません。媚薬について解説していきたいと思います。

媚薬と後発医薬品のメリットと性病検査

性病検査は、保健所や性病科などで行なわれていますが、数年前までは検査をしなくても内科を受診して熱や咳の症状を訴えるだけで抗生物質が処方されていたので、特別な検査や治療をしないまま性感染症が治っていたという事実があります。後発医薬品とはジェネリック医薬品のことで、開発コストが必要ないので、先発医薬品よりも安い価格で購入することができます。成分に関しては厳しいチェックが行なわれているので、効き目はほぼ同じだとされています。しかし後発医薬品は、ごくまれに血中濃度の上がり方などが先発医薬品と異なる場合があるので、副作用が出てしまうことがあります。また抗不安薬などの精神疾患に処方される薬は、違うものに変えるだけでも患者の心の状態が不安になることがあるので、安易にジェネリック医薬品を使用するのは危険です。媚薬は、女性の性欲を高める効果があるとされるもので、インターネットや漢方薬局などで販売されていることがあります。漢方の場合は、基本的には女性の体を温める効果のある生薬が使われることが多いのですが、アメリカで開発された女性用のED治療薬は、女性器周辺の血管に血液が流れ込みやすくすることで、性欲を高めることに成功しています。男性の場合は、薬を服用して勃起状態になったからといって性欲が高まるわけではありませんが、女性の場合は、女性器や子宮などに十分な血液が流れこむと、性欲が高まりやすくなります。またホルモンバランスを整えることも重要なので、セックスレスに悩んでいる場合には、婦人科を受診して、ホルモン検査を行って、必要に応じて低用量ピルなどを服用する必要があります。ホルモンバランスが整うと性欲の低下なども抑えることができます。