媚薬と図鑑の画像

媚薬は古くはリンゴもそういわれたりしましたし、プラセボ的な効果が大きい側面もあります。また、ウソの情報も多く出回っているので媚薬と聞くだけで胡散臭いと感じる人も少なくないかもしれません。媚薬について解説していきたいと思います。

肺の疾患にも改善効果が期待できる媚薬の改定版

世界でナンバーワンの売り上げを記録している製薬メーカーのPfizer Inc.が、1998年に取り扱いをスタートしたバイアグラは、夢の薬として世界中で爆発的な人気を集めて大ヒットを記録しました。このバイアグラの主成分は、狭心症などの心臓疾患を改善するために開発されたsildenafilで、還元酵素PDE-5の活性を阻害するという作用があります。これにより、海綿体周辺の血流量が増加するので、性的な刺激をきっかけに勃起が可能な状態となります。

このバイアグラを提供しているPfizer Inc.が、同じsildenafilを配合した女性用の内服薬がwomeraです。いうまでもなく同じ成分なので作用機序はバイアグラと同じですが、男性性器と女性性器とでは機能や構造に違いがあります。このために発揮される効果も異なり、不感症や性的興奮障害を改善する媚薬として作用します。

このwomeraの改定版としてインドの製薬メーカーのAjanta Pharmaが提供しているのが、Lovegraです。先発医薬品のwomeraと比較すると半額程度の金額で購入できるという点がメリットとなっています。製造方法や添加物には違いがあるので、全く同じ薬というわけではありませんが、主成分は同じsildenafilであり、対象としている症状に対しては同様の効果を期待できます。

なお、このsildenafilは、性機能の問題以外にも実は有効性を発揮します。これは、活性を阻害するPDE-5が肺動脈平滑筋にも存在しているので、服用することにより肺動脈圧及び肺血管抵抗が低下すると推測されています。このために、2005年には肺高血圧症の治療薬としても欧米で承認されています。